産後の抜け毛の原因は?

産後脱毛症(分娩後脱毛症)と呼ばれる産後の抜け毛。

image

だいたい出産後、2〜3か月ほどしていきなり抜け毛が増えてしまうという現象で、出産婦の4〜7割程度が経験するといわれています。 産後の抜け毛の原因は主に女性ホルモン。
女性の身体は、月経の前後などで、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が変化しますが、妊娠中は、どちらのホルモンも増えます。
出産前後は、プロゲステロン(黄体ホルモン)が増えてきます。プロゲステロンは、髪の成長を促すため、一時的に髪の毛が増えます。
これは、本来ならば抜けるはずの髪の毛がそのまま抜けずに残り、新しい髪は普通に生えてくるので、一時的に髪の毛が増えてくるということです。
でも、これも一時的なもの。

出産を機に、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌は収まってきて、元に戻ります。
すると毛周期ももとにもどるので、抜けるべき終末期にあった髪の毛が一斉に抜けます。
本来終末期を迎える髪の毛も合わせて抜けるので、一気に抜け毛が増えます。
多分今までに経験したことのない大量の抜け毛になるので、かなりびっくりします。

産後の抜け毛はいつからいつまで?


問題はここから。
産後の抜け毛は、女性ホルモンのバランス異常によるもの。
出産により、ホルモンバランスが正常に戻ればおさまります。
「月経」が始まることによって、ホルモンバランスはもとに戻ります。
ただし、髪の毛には毛周期というものがあって、産後の抜け毛=産後脱毛症といわれるのは
髪の毛は抜け落ちていますが、すぐ下には次の髪の毛の素があって
それが生えてくるまでの休止期間が2〜3か月ほどあるので、
月経がはじまってから2〜3か月後くらいからおさまってきます。

授乳期間中は「月経」がありませんので、母乳をあげているお母さんは、産後の抜け毛が落ち着いてくるのは少し遅くなるということですね。

個人差はありますが、産後の抜け毛は、出産後半年から1年くらいでおさまって、元に戻ってきます。

産後の抜け毛は対策は必要?


出産にまつわる流れのひとつなので、特に対策は必要ありませんが、
「産後の抜け毛」とわかりつつも、あまりに気にするとそれがストレスになり、
女性ホルモンンは正常になっても、抜け毛が減らない場合もあります。

要はストレスをためない、気にしすぎないことが肝心なのです。

日常生活の中で、抜け毛対策として有効なのは、規則正しい生活を心がけるということです。
  • 頭皮は清潔に
  • 質の良い睡眠を
  • バランスのいい食事

とはいえ、新生児がいるママにとっては、「質のいい睡眠」というのもなかなか難しかったりします。
初めてのお子さんの場合は、「育児」そのものがストレスになったり。
これがよけい産後脱毛症が悪化してしまう原因だったりします。

というか、こうなるともう産後脱毛症とはいえないわけで、
りっぱなストレスによる脱毛ということになります。

改善法としては、最低限食べるものに気をつけたり、頭皮環境をよくすることを心がけましょう。