抜け毛予防に効く食べ物

抜け毛にいい食べ物

昔から昆布を食べると髪の毛が黒くなる、太くなるといわれてきましたが、それって本当なのでしょうか? 髪の毛の成長のためにいい食べ物をまとめました。

そもそも髪の毛は、たんぱく質でできています。
タンパク質というのは、アミノ酸からできているので、元気な髪の毛を維持するには、「アミノ酸」が必要です。
人間の体を形成しているアミノ酸は20種類ですが、体内で生成されるアミノ酸はその半分。
残りのの半分は必須アミノ酸といわれ、食事から補給しなくてはなりません。

抜け毛に効果が期待できる栄養成分は?

タンパク質
髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。いってみれば、髪の毛の素となるのがタンパク質です。

タンパク質を多く含む食べ物

肉、魚、豆類、納豆、卵など

ビタミンE
若がえりビタミンとも言われるビタミンE。ビタミンEには血管拡張作用田あります。育毛剤には、ミノジキルという血管を拡張させる成分が入っていることは有名ですが、血行不良を改善することで、しっかりと毛根に栄養が届くようになり、抜け毛予防に役立ちます。

ビタミンE多く含む食べ物

アーモンド、ウナギ、モロヘイヤ、カボチャ、とうがらし、ゴマなど

ビタミンB群(B2、B6)
ビタミンB2、ビタミンB6は、細胞の代謝を活性化させる働きがあります。
また頭皮の皮脂分泌にもかかわっており、フケを予防して、毛穴を清潔に保つことにつながります。

ビタミンB群を多く含む食べ物

牛乳、バナナ、まぐろ、カツオ、鶏レバーなど

亜鉛
ビタミンの吸収効率を上げる手助けをしてくれる栄養成分です。新陳代謝を高めて、免疫力を高めます。
また、髪の毛の主成分であるたんぱく質を合成するにも必要な栄養成分です。

亜鉛を多く含む食べ物

牡蠣、豚レバー、いわし、チーズ、ゴマなど。

とはいれ、「バランスのいい食事」を心がけるのが基本です。

髪の毛にいいレシピ

ゴマミルク鍋

ゴマミルク鍋 抜け毛にいいレシピ
出典:クックパッド
鶏肉は、醤油と酒で下味を。
あとは具材を食べやすい大きさに切って、牛乳と☆印の調味料で作ったスープで煮込むだけ。
牛乳が入っているので、火加減が強すぎると分離してしまうので要注意。

■鶏肉=タンパク質、ビタミンA、ビタミンK、ビタミンB群亜鉛
■牛乳=タンパク質、カルシウム、ビタミンB群
■しめじ=ビタミンB1、ナイアシン、食物繊維
■長ネギ=ビタミンC、カロテン
■胡麻=亜鉛ビタミンE
■味噌=タンパク質ビタミンB群ビタミンE、酵素、イソフラボン、コリン、レシチン

 

こちらはある意味、パーフェクトともいえるレシピです。
だし汁に練りごまをいれますが、さらに仕上げにごまを振り掛けるのもお勧めです。
スープまでおいしくいただいて、素材から出た栄養素を100%摂取しましょう♪


抜け毛予防に効く食べ物 まとめ

意外と「昆布」って、髪の毛の成長などには特に効果があるわけでもないんですね。
こちらでは、地肌の栄養と、毛髪の育成の素となる栄養成分を紹介しましたが、肝心なのは、「バランスのいい食事」を心がけることですね。
また、食べ物だけではなく、ストレスをためないことも抜け毛対策には大切です。

発毛剤と育毛剤の違い


このエントリーをはてなブックマークに追加